(社)都市住宅学会関東支部TOPイメージ

第2回 学生懸賞 未来社会エッセイコンテスト

 (主催:公益社団法人都市住宅学会関東支部、後援:独立行政法人住宅金融支援機構)


  過去のエッセイコンテストの審査結果、受賞エッセイについては こちらを参照ください

 都市住宅学会は、都市と住宅に関わる
 さまざまな学領域を横断する総合学を目指して1992年に生まれました。
 都市と住宅は社会の映し鏡です。
 あなたならどのような都市と住宅のある未来社会を描きますか?
 自由で夢と希望のあるエッセイを期待しています。

  • 課題

   テーマ「私たちが暮らしたい都市と住宅」
   (エッセイタイトルについては、各自でオリジナルのものを自由に決めることとする)

  • 応募部門と応募資格
  • 以下の2つの応募部門を設ける。いずれの部門においても、個人での応募、かつ、未発表のエッセイであることとし、連名での応募は認めない。

    (1)大学生部門
      関東支部エリア内(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、北海道)
      在住もしくは関東支部エリア内の大学に在籍している学部生(短期大学生、高等専門学校の
      4・5年生を含む)とする。専門・専攻は問わない。

    (2)大学院生部門
      関東支部エリア内(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、北海道)
      在住もしくは関東支部エリア内の大学院に在籍している大学院生(社会人を含む)とする。
      専門・専攻は問わない。

  • 執筆要領(以下の様式・提出方法を守ること)
  • 応募部門を問わず、文字数は3600字以上8000字以内とする。
    ただし、図表や写真などは文字数に含まないものとする。
    執筆に際してはA4用紙を縦使いとして、横書きで1ページあたり40文字×30行(和文)を標準としてデータ作成すること。

  • 応募期間
  • 2019年9月30日(月)〜12月2日(月)

  • 応募方法
  • 「応募先」にあるURLにアクセスし、応募フォームに必要事項を入力の上でPDF変換後のエッセイを投稿(アップロード)してください。手書き原稿であってもスキャンしてPDF形式であれば受け付けるものとします。
    なお、PDFの容量上限は5MBとします。

  • 問い合わせ先
  • 都市住宅学会事務局 学生懸賞未来社会エッセイコンテスト係
    (メール問いあわせのみ)
    essay@uhs.gr.jp

  • 審査対象と選考方法
  • 都市住宅学会(関東支部)が定める審査委員会にて、それぞれの部門ごとに、最優秀エッセイ1編、優秀エッセイ2編、佳作エッセイ3編程度を選考し、2020年1月末までに発表します。選考結果は入賞者に連絡するとともに,都市住宅学会ウェブサイト上でも開示いたします。
    なお、審査対象となるエッセイは大部分が本人の着想であることとし、ウェブや書籍から写しただけのものは認めません。提出されたエッセイについてはすべての文章を厳密にチェックし、引用や出典の記載なく既発表文章を使用していることがわかった場合、当該エッセイは審査対象としません。

  • 受賞エッセイの公表
  • 最優秀エッセイ、優秀エッセイ、佳作エッセイについては、都市住宅学の発展への貢献が大いに期待されることから、都市住宅学会ウェブサイト上にて公開いたします。受賞エッセイの著作権は、都市住宅学会に属するものとします。

  • 表彰・副賞
  • 入賞者は2020年4月に開催される都市住宅学会関東支部総会(都内開催)において表彰を行います。表彰式では、表彰状とともに,最優秀エッセイ賞には3万円分の図書カード,優秀エッセイ賞には1万円分の図書カード,佳作エッセイ賞には3000円分の図書カードをそれぞれ副賞として贈呈します。

  • 表彰式
  • 表彰式の開催日時・開催場所については都市住宅学会ウェブサイト上で詳細をお知らせします。なお、表彰式に参加できない場合には表彰状・副賞の郵送をもって授与に変えさせていただきます。