(社)都市住宅学会大会(中部)−第12回学術講演会

パネルディスカッション

東海地方における地震をめぐる動きと展望
−阪神・淡路大震災の教訓は果たして生かされているのか−

 

とき:2004年12月4日(土)15:00〜17:45
ところ:椙山女学園大学 星が丘キャンパス 現代マネジメント学部棟206教室

●出演者(敬称略)
○趣旨説明・進行
  高井 宏之(三重大学工学部助教授)
○パネリスト
  安藤雅孝(名古屋大学大学院環境学研究科附属
        地震火山・防災研究センター教授・センター長)
   −中央防災会議の動き、及び東海地域における地震対策−

  東地隆司(三重県防災危機管理局 地震対策室 総括室長)
   −三重県地震対策アクションプログラムと地震対策推進条例−

  大貝 彰(豊橋技術科学大学建設工学系教授)
   −住民主体の防災街づくりの実践−
  戎 正晴(明治学院大学法科大学院教授 弁護士)
   −震災対策・復興に係わる法的整備の進展と課題−
  大竹文雄(大阪大学社会経済研究所教授)
   −震災対策・復興に係わる経済的措置の進展と課題−

(社)都市住宅学会 中部支部
  

活動記録

事業報告

役員・会計監査

中部支部規則


(2003.8.26設置)

(社)都市住宅学会へのリンク

中部支部への問い合わせ先


事務局
〒460-0008
名古屋市中区栄五丁目1-32
(株)都市研究所スペーシア内
  TEL 052-242-3262
  FAX 052-242-3261
© (社)都市住宅学会中部支部 Since 2003